五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載10744回 さらば深夜の友よ <1>

公開日: 更新日:

 このところ次第に夜が短くなった。季節の話ではない。夏が過ぎれば、夜は長くなっていく。しかし、それと反対に、夜の時間が少しずつ少しずつ失われていく気配があるのだ。
 ブラート・オクジャワは、60年代のソ連におけるボブ・ディランのような存在だった。ギターの弾き語りでと…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  6. 6

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  7. 7

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  8. 8

    オスマン・サンコンさん 第3夫人通い婚にボランティア活動

  9. 9

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  10. 10

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

もっと見る