大谷義夫医師が多忙の日々を乗り切る源は沖縄・渡嘉敷島

公開日: 更新日:

 テレビの医学番組やワイドショーで見かけない日はないというくらい売れっ子の大谷義夫医師。やさしく分かりやすい語り口でズバッと核心を突くコメント力には定評がある。それを支えてきたのは意外にも、癒やしのスポットだった。

 子どもの頃から医師になることが夢でした。でも東京・池袋の実家は医院ではなく、親戚にも医者はいません。実家は祖父の代から畳屋で、私は長男ですが、両親からは「畳屋を続けなくていい。好きなことをやれ」と言われていました。「人さまのお役に立つ医師がいいのでは?」とも。その影響もあって医師を意識したのかもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る