江上剛氏を銀行マンから作家へと導いた井伏鱒二との出会い

公開日: 更新日:

井伏鱒二「黒い雨」

 あれは昭和47年、早稲田大学に入学して、しばらくしてのことです。雲の上の存在だった作家の井伏鱒二さんの自宅にいきなり訪ねていったのです。思い返せば、あの日があったから、今の自分があるんだなと思っています。

 当時、私は政経学部の学生でしたが、文学部出身の紅野敏郎教授の授業をとっていて、そこで「作家論を書くように」という宿題がでた。私は迷いもなく、井伏さんを書こうと決めた。高校時代から「山椒魚」や「屋根の上のサワン」、もちろん「黒い雨」も読んでいてずっとファンでした。ほとんどの作品を読んでいました。

 ただ、すでに井伏さんは文化勲章も受章していた文壇の大御所であって、見も知らぬ一学生が会いに行くなんて、常識では考えられないことでした。ところが、運命のいたずらみたいなものがあったのです。当時、早稲田は学生運動というか、内ゲバが激しくて、ノンポリだったものの、私は革マル派排除の方のデモにたまに参加していました。その頃、文学部に革マルが攻め込んでくるから、それを押し返そうという話になった。とはいえ、相手は革マル。川口大三郎君リンチ事件があった頃で、やっぱり人間の盾になるのは怖い。鉄パイプで突かれたら、一巻の終わりだなと、前夜から腹に週刊誌を巻いて備えていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る