髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

なかなか理解されない弁護士の仕事

公開日: 更新日:

「なんでこんなやつの弁護をするんだ」と言われることがよくあります。

 例えば京アニ事件の弁護人に選任されたら、死刑判決も予想しなければならない事件ですので、精神鑑定を求めたうえで責任能力がないという弁護活動をすることもあるでしょう。また池袋暴走事故の弁護人は、依頼者(弁護士にとっては被疑者ではなく依頼者)が刑務所に入ることがないよう、被害者対応だけでなく、訴訟の引き延ばしなども場合によっては検討するかもしれません。

 このような弁護活動をすると、世間からは、刑を軽くするためだけに弁護士がしゃしゃり出てきた、弁護人が事実をねじ曲げようとしている、こんな事件を起こした人を弁護する必要などないと強いバッシングを受けます。

 実際、僕がリンゼイ・アン・ホーカーさん殺人事件の市橋達也氏の弁護人をした際も、事務所へのクレーム電話や、他の弁護士の顧問先からの苦言も多くありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

もっと見る