髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

なかなか理解されない弁護士の仕事

公開日: 更新日:

「なんでこんなやつの弁護をするんだ」と言われることがよくあります。

 例えば京アニ事件の弁護人に選任されたら、死刑判決も予想しなければならない事件ですので、精神鑑定を求めたうえで責任能力がないという弁護活動をすることもあるでしょう。また池袋暴走事故の弁護人は、依頼者(弁護士にとっては被疑者ではなく依頼者)が刑務所に入ることがないよう、被害者対応だけでなく、訴訟の引き延ばしなども場合によっては検討するかもしれません。

 このような弁護活動をすると、世間からは、刑を軽くするためだけに弁護士がしゃしゃり出てきた、弁護人が事実をねじ曲げようとしている、こんな事件を起こした人を弁護する必要などないと強いバッシングを受けます。

 実際、僕がリンゼイ・アン・ホーカーさん殺人事件の市橋達也氏の弁護人をした際も、事務所へのクレーム電話や、他の弁護士の顧問先からの苦言も多くありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る