髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

認識していますか…「不倫で妊娠」がもたらすもの

公開日: 更新日:

 大手の大学予備校の講師が「中絶しなければ、動画を拡散する」などといって、不倫相手の女性に妊娠中絶手術を迫り、強要未遂罪で逮捕されたという報道がなされました。

 妻子のある男性が、一時の快楽のために、避妊具をつけずに性交渉をしたらこうなることなど想像つかなかったんですか――などという道徳的なコメントを、この手の案件を相当数見ている弁護士の立場で言うつもりはありませんが、刑事事件にまで発展したら、すべてを失うということは少なくとも覚えておいていただきたいと思います。

 僕が経験した案件でも、不倫での妊娠が発覚した後に、今回のように脅迫をするだけでなく、腹部を殴打したり蹴ったということで逮捕される件もありました。その方々は、妻子が去り、職場も変えざるを得なくなりました。

 刑事事件にまではならなくとも、不倫が発覚すると関係者全員が精神不安定に陥ります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る