髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

「合意があった、なかった」の男女の食い違いはなぜ起こる

公開日: 更新日:

 前回に続き、伊藤詩織さんと山口敬之さんの裁判を見て弁護士として思うことを書きます。

 まだ裁判確定に至っていませんし、裁判というものの限界もあるため、伊藤詩織さんが性行為について同意をしたかどうかの真相はわかりません。

 しかし弁護士として、このような性行為等について、同意があったと思っていた男性と、一方性被害に遭っているけど訴えても警察が取り合ってくれない、訴えるのが怖いという女性の両方から相談を受けることが本当に多いです。

 女性側には明確な落ち度がないケースが多いかなと思いますが、男性側には、脇の甘さが目に付くケースが多いように思います。

 まず、大切なことは、「同意があると思っていても、後から『そんなつもりじゃなかった』といって同意がなかったと訴えられる可能性がある」ということを常に頭に置いておく必要があるということです。美人局のような行為が許されるわけではありませんし、男性側として言いたいことがあるのは十分わかります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

もっと見る