としまえん最後の夏 新型コロナでもプールは安心か?

公開日: 更新日:

 教育産業大手の「ベネッセコーポレーション」が、幼稚園の年中~高校3年生の子供を持つ保護者を対象に実施した「親子の生活における新型コロナウイルス影響調査」によると、新型コロナの感染を避けるため、今夏はプールや海水浴、花火などを「控えると思う」との回答が約6割に上った。そんな中、8月末で94年の歴史に幕を下ろす東京・練馬区の遊園地「としまえん」で最後のプール営業が始まったが、プールは新型コロナ感染の恐れがないのか。

 日本水道協会特別会員で、スイミングプール水質管理懇話会代表世話人を務める関秀行氏(メルス技研代表取締役)によると、インフルエンザウイルスなどは水に弱く、屋内外のプールなど湿度50%以上の環境下では不活性化の傾向を示すという。

 これは新型コロナウイルスにも当てはまるといい、さらにプールで一般的に使用されている塩素消毒液(12%の次亜塩酸ナトリウム液)は抗ウイルス力が強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る