コロナで生活一変…直撃を受けた舞台俳優たちのどん底

公開日: 更新日:

ひらがかんいちさん(舞台俳優・63)

 生きるために芸術文化は必要か――。新型コロナウイルスの感染拡大でコンサートや演劇などの公演が軒並み中止になるなか、そんな議論を呼んだことは記憶に新しい。ドイツ政府が早々に「芸術は今、生きるために必要不可欠な存在だ」と発表し、大規模な緊急支援策を打ち出したニュースは世界で注目されたが、欧州と違い、手厚い支援がない日本では芸術分野への影響は深刻だった。現在は少しずつ再開しているとはいえ、特に小劇場やライブハウス、個人で活動するアーティストの生活は一変した。舞台俳優、ひらがかんいちさん(芸名・63)も、そのひとりだ。

 ロマンスグレーの髪に気さくな語り口が魅力的なひらがさんは、今年4月、7月、9月に出演するはずだった3作品の演劇公演がコロナ禍で延期になった。舞台以外の映像の出演に関しては芸能事務所に所属しているが、この数カ月、俳優としての収入はゼロ。現在は介護施設でアルバイトをしながら生計を立てている。「コロナの感染拡大は金銭的にも精神的にも打撃が大きかったですね。特に4月の舞台は初日の数日前に延期が決定したため、突然で複雑だった」と振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る