シニア世代4人に1人が「コロナうつ」…外出減り体の衰退も

公開日: 更新日:

 新型コロナ禍の外出自粛などで、シニア世代の約7割が「社会との関わりが減った」と感じ、4人に1人が体の衰弱やうつ状態に陥っていることが分かった。

 電動シニアカーなどを販売する「WHILL」(東京都品川区)が8月上旬、65歳以上の男女600人にインターネットでアンケート調査したところ、昨年8月は60・4%がほぼ毎日外出していたが、今年4~5月の緊急事態宣言中は36・6%に激減。宣言解除後の今年8月時点でも39・3%にとどまった。逆にほとんど外出しないと答えた人は5倍に増加。66・2%がコロナ前より「外出頻度や社会との関わりが減った」と回答した。

 外出目的のうち「観劇や映画」をやめた人が最も多く、マイナス86・7%。友人付き合いや町内会活動なども軒並み大幅な減少となった。

 外出機会を減らした人の35・1%が「身体の衰え」を訴え、「楽しいと感じることが減った」とした人も34・9%いた。

 調査を分析した東京都立大の藺牟田洋美准教授は「気力や体力の低下で、より外出が難しくなる悪循環に注意すべきだ」と警告している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  4. 4

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  9. 9

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  10. 10

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

もっと見る