<65>黒澤明と決裂 着替えた途端に信玄なりきった勝新太郎

公開日: 更新日:

 1980(昭和55)年に公開された黒澤明監督の映画「影武者」は、志半ばで倒れた武田信玄の死を隠すために影武者となった盗人と家臣団の葛藤を中心に、武田家の滅亡までを描いたスペクタクル時代劇だ。公開当時は、日本映画の興行収入で歴代1位を記録する大ヒットとなった。海外での評価も高く、米アカデミー賞の外国語映画賞と美術賞にノミネートされ、仏カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞している。

 同作の主演に抜擢されたのは、キャリアの晩年を迎える前、押しも押されもせぬ大スターとなっていた40代後半の勝新太郎だ。与えられたのは、武田信玄と、その影武者の1人2役。日本を代表する人気俳優と、世界的な映画監督のコラボレーションは、多くの映画ファンの期待を集めた。

 ところがいざ撮影が始まると、細かい衝突を続ける2人に現場は混乱。自らの要求を押し通そうとする勝がへそを曲げて車に籠城すると、黒澤は勝の説得を諦めて仲代達矢を代役に据えた。この戦後の芸能史に残る降板劇も、大いに話題となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る