<66>勝新太郎は監督の領域に踏み込もうとして降ろされた

公開日: 更新日:

 黒澤明監督の映画「影武者」で、勝新太郎は主役の座を降ろされた。その原因は、勝が監督の領域にまで踏み込むような振る舞いをしたことにあったという。

 黒澤の助手を長年務めた野上照代は週刊新潮(2016年3月3日号)で、当時の経緯を明かしている。それによると勝は黒澤に、自らの演技を確認するためのカメラを回したいと申し出たという。それに対して黒澤は「余計なことをするんじゃない」と一喝。ブチ切れた勝は衣装もカツラも脱いで自分のワゴン車に籠城した。最終的に黒澤が車に乗り込み、「勝くんがそうならやめてもらうしかない」と言い放ったという。

 勝は自身もメガホンを取って映画を作っている。そのため、相手が世界のクロサワであってもお構いなしで、演じるだけでは飽き足らず監督としても作品に関わろうとしたのかもしれない。

 そもそも勝は、役者ではなく監督こそが自らの天職だと考えていたフシがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る