在宅勤務で頭がボーッと…それは「二度寝」のせいかも?

公開日: 更新日:

「たぶん“二度寝”のせいじゃないか、と。これまで朝7時に起きて30分ぐらいで準備し、1時間近くかけて通勤していたんですが、在宅で早起きする必要がなくなったでしょ。最初はいつも通り朝7時に目が覚めましたが、もうひと眠りする癖がついてしまって」

 通勤がなくなった解放感は素晴らしかった。それで浮いた時間を「勉強に充てようか」と思ったが、体がダルくてやる気が出ない。かといって、体を動かすでもない。自宅に引きこもってスマホをいじって……裕太さんはだんだん夜も眠れなくなってきたそうだ。

「いつも朝7時に起きていた人が二度寝で8時半くらいまで寝るようになると、これまでの生活リズムと違ってくるため、ホルモン分泌や体内時計のリズムが崩れます」と医学博士の米山公啓氏はこう続ける。

「すると睡眠の質が悪くなり、寝ても疲労が回復せず、日中もボーッとしがちになってしまう。そもそも在宅になると、数少ない体を動かす時間となっていた通勤時間や、会社での移動時間などがなくなるため、睡眠の質が悪くなりがち。そこに二度寝が加わると、体により悪影響を与える可能性があります」

 在宅勤務で感染リスクが減っても、二度寝のせいで体調を崩したら、元も子もない。ステイホームでも、通勤していた時と同じリズムで生活することが何より大切だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る