菅政権は警官の人権も無視 入院拒否「刑事罰」でリスク増

公開日: 更新日:

 やはり感染者を犯罪者にするのか。新型コロナウイルス感染者への刑事罰の新設を盛り込んだ感染症法改正案。与野党協議で、入院に応じない場合の「罰則」から「懲役刑」を外す方向で調整に入ったが、まだ「罰金刑」は残りそうだ。

 26日の衆院予算委員会で、立憲民主党辻元清美議員は入院先から逃げるケースを挙げ、「身柄をとらえたら、病院に戻すのか。また逃げるかもしれないが、カギをかけるのか。このために特別の施設を全国の警察に用意させるのか。物理的にも無理だ」と追及した。

 辻元は菅首相に答弁を求めたが、それを遮る形で小此木八郎・国家公安委員長が挙手。「拘束して、体調を見ながら病院に引き戻すとか、そういうことが考えられる」と答えた。矢面に立つのは全国の警官だ。捜索は防護服を着ての“大捕り物”が予想されるが、感染リスクは確実に増す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  8. 8

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る