• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト津田大介さん<上>活字とWEBをうまく使い分けることで読者に思いを伝えていく

 今回のゲストはジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介さん。テレビ、ラジオ、出版、WEB、そして被災地復興のソーシャルビジネスにも関わるなどマルチに活動する行動派だ。1回目はWEBと活字、テレビなど従来媒体との関係について伺った。

二木 津田さんはWEBをはじめ、テレビ、ラジオ、活字で情報を発信し、大学でも教えられている。収拾はついていますか。

津田 完全に破綻ですね(笑い)。ただ、僕としては新聞、テレビといったオールドメディアに出ると同時に新しいメディアも活用しています。双方で活動するという懸け橋になれればと思っています。

二木 それは意識的にやっていらっしゃるのですか。

津田 そうです。今はメディアが分散化していて、それぞれの世代が親しむメディアがあります。震災以降、東北を取材することが多いのですが、何かを訴える時、特定のメディアだけでは思っていることがなかなか伝わらない。それぞれのメディアに合わせて伝え方を変えてやっていかないと、という感覚はありますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る