二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト津田大介さん<上>活字とWEBをうまく使い分けることで読者に思いを伝えていく

公開日: 更新日:

 今回のゲストはジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介さん。テレビ、ラジオ、出版、WEB、そして被災地復興のソーシャルビジネスにも関わるなどマルチに活動する行動派だ。1回目はWEBと活字、テレビなど従来媒体との関係について伺った。

二木 津田さんはWEBをはじめ、テレビ、ラジオ、活字で情報を発信し、大学でも教えられている。収拾はついていますか。

津田 完全に破綻ですね(笑い)。ただ、僕としては新聞、テレビといったオールドメディアに出ると同時に新しいメディアも活用しています。双方で活動するという懸け橋になれればと思っています。

二木 それは意識的にやっていらっしゃるのですか。

津田 そうです。今はメディアが分散化していて、それぞれの世代が親しむメディアがあります。震災以降、東北を取材することが多いのですが、何かを訴える時、特定のメディアだけでは思っていることがなかなか伝わらない。それぞれのメディアに合わせて伝え方を変えてやっていかないと、という感覚はありますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る