二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト津田大介さん<上>活字とWEBをうまく使い分けることで読者に思いを伝えていく

公開日:  更新日:

 今回のゲストはジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介さん。テレビ、ラジオ、出版、WEB、そして被災地復興のソーシャルビジネスにも関わるなどマルチに活動する行動派だ。1回目はWEBと活字、テレビなど従来媒体との関係について伺った。

二木 津田さんはWEBをはじめ、テレビ、ラジオ、活字で情報を発信し、大学でも教えられている。収拾はついていますか。

津田 完全に破綻ですね(笑い)。ただ、僕としては新聞、テレビといったオールドメディアに出ると同時に新しいメディアも活用しています。双方で活動するという懸け橋になれればと思っています。

二木 それは意識的にやっていらっしゃるのですか。

津田 そうです。今はメディアが分散化していて、それぞれの世代が親しむメディアがあります。震災以降、東北を取材することが多いのですが、何かを訴える時、特定のメディアだけでは思っていることがなかなか伝わらない。それぞれのメディアに合わせて伝え方を変えてやっていかないと、という感覚はありますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る