二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト津田大介さん<上>活字とWEBをうまく使い分けることで読者に思いを伝えていく

公開日: 更新日:

 今回のゲストはジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介さん。テレビ、ラジオ、出版、WEB、そして被災地復興のソーシャルビジネスにも関わるなどマルチに活動する行動派だ。1回目はWEBと活字、テレビなど従来媒体との関係について伺った。

二木 津田さんはWEBをはじめ、テレビ、ラジオ、活字で情報を発信し、大学でも教えられている。収拾はついていますか。

津田 完全に破綻ですね(笑い)。ただ、僕としては新聞、テレビといったオールドメディアに出ると同時に新しいメディアも活用しています。双方で活動するという懸け橋になれればと思っています。

二木 それは意識的にやっていらっしゃるのですか。

津田 そうです。今はメディアが分散化していて、それぞれの世代が親しむメディアがあります。震災以降、東北を取材することが多いのですが、何かを訴える時、特定のメディアだけでは思っていることがなかなか伝わらない。それぞれのメディアに合わせて伝え方を変えてやっていかないと、という感覚はありますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る