たばこ規制元年への懸念<1>国と都が画策する別々の法規制

公開日: 更新日:

 2018年。良くも悪くも明治維新150年である。東京五輪まで2年半。この節目の年に健康と五輪を大義名分にして国民の嗜好、自由を阻害する法規制が強行されようとしている。受動喫煙防止対策の法制化だ。この動きを看過すれば、この国は強権国家に突き進みかねない。その現状と問題点を追う。

 たばこ規制をめぐる動きは、受動喫煙防止対策強化を目的として進んでいる。ひとつは国(厚労省)、もうひとつは東京都による規制強化に向けた法制化を目指すものだ。

 国による規制は昨年、厚労省が「基本的な考え方」をベースに、健康増進法改正案の中に規制強化案を盛り込んで法案提出を目指したが、規制内容への反発・批判が大きく、結局は法案提出さえままならなかった。その後、規制強化=法規制強硬派のトップだった塩崎恭久氏が8月の内閣改造で厚労相ポストを外れ、仕切り直しとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る