たばこ規制元年への懸念<1>国と都が画策する別々の法規制

公開日: 更新日:

 2018年。良くも悪くも明治維新150年である。東京五輪まで2年半。この節目の年に健康と五輪を大義名分にして国民の嗜好、自由を阻害する法規制が強行されようとしている。受動喫煙防止対策の法制化だ。この動きを看過すれば、この国は強権国家に突き進みかねない。その現状と問題点を追う。

 たばこ規制をめぐる動きは、受動喫煙防止対策強化を目的として進んでいる。ひとつは国(厚労省)、もうひとつは東京都による規制強化に向けた法制化を目指すものだ。

 国による規制は昨年、厚労省が「基本的な考え方」をベースに、健康増進法改正案の中に規制強化案を盛り込んで法案提出を目指したが、規制内容への反発・批判が大きく、結局は法案提出さえままならなかった。その後、規制強化=法規制強硬派のトップだった塩崎恭久氏が8月の内閣改造で厚労相ポストを外れ、仕切り直しとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る