「暗黒の木曜日」に酷似 チャートが暗示する世界恐慌の再来

公開日: 更新日:

“恐怖のチャート”出現にマーケットが騒然としている。
「米国のマーク・ハルバートというエコノミストが、最近のNYダウの値動きは1928年から29年にかけてのチャートとそっくりだと指摘したのです」(市場関係者)

 29年は「暗黒の木曜日」をきっかけに、NYダウが大暴落した。高値の380ドルから一気に42ドルまで下落。実に9分の1になっている。日経平均に照らし合わせると、直近高値は昨年末の1万6320円だから、9分の1で1813円だ。そんなことになったら想像を絶する大恐慌になる。

「29年だって、そこまで暴落するとは誰も思っていなかったはずです。でも現実に起きた。当時と現在のチャートの“一致”は不気味です」(株式アナリストの黒岩泰氏)
 12年末~今年2月上旬のチャートと、当時のチャートを比較するとグラフのようになる。気味が悪いほど酷似しているのが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る