直販、ネット、大手証券、地銀…投信買うならどこが得か?

公開日: 更新日:

 投資信託はどこで買えば儲かるのか――。その判断材料になる指標が金融庁から公表されている。共通KPIだ。顧客が販売会社を選ぶのは簡単ではないため、比較ができる共通指標として金融庁が各社に公表を求めているのだ。

 2018年12月末までに96社が公表している。共通KPIでは、儲かっている(含み益のある)顧客の比率が分かる。18年3月末時点で最も高かったのはコモンズ投信の98%。顧客が100人いれば、そのうち損をしているのは2人だけということになる。最も低い会社は24%なので、実に74ポイントもの差が生じている。2位以降にはレオス・キャピタルワークス(91%)、セゾン投信(85%)と続く。この3社は直販会社と呼ばれ、運用会社が直接、投資信託を販売している。

 共通点は積み立て投資を利用している顧客が多いことだ。毎月、一定額を購入していくと、価格が高いときには少なく、安いときには多く買うことになり、平均購入単価を低く抑える効果があるので利益が出やすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ZOZO前社長・前澤氏が募集 秘書広報の報酬と求められる物

  2. 2

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  3. 3

    屋良朝博氏「辺野古一択は時代錯誤」政府の思考停止を看破

  4. 4

    消費増税でコンビニ大混乱「301円問題」と「111円問題」

  5. 5

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    進次郎株ダダ下がり “ステーキ&セクシー”発言で笑い者に

  8. 8

    ZOZO前澤氏の売却で注目 これがニッポンの株長者リスト

  9. 9

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  10. 10

    初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る