永田町大慌て 吉野家の「国会限定和牛重」に非難の嵐

公開日:  更新日:

 特権意識にアグラをかいている国会議員もやっと、世間の目に気づいたか。先週、国会にオープンした吉野家の1200円の「和牛牛重」が非難囂々(ごうごう)で、国会議員の間からもようやく、「あれはおかしい」という声が上がり始めた。

 吉野家は入札結果で国会に出店することになったわけだが、「特別メニューが欲しい」という国会側の要望に応えて、「和牛牛重」を用意した。

「牛重」の肉は吉野家が通常メニューで使う米国産ではなく国産の和牛肩ロース。箸ですぐ切れるほど軟らかく通常の牛丼と比べてデカい。テレビのニュースは大きく取り上げたが、食べられるのは、国会に出入りする国会議員や秘書、国会職員、官僚、マスコミの担当記者などに限られる。で、案の定、異論が噴出したものだから、慌てた。

 15日、自民党の平沢勝栄議員が「地元で、国会だけで食べられるメニューがあるのはおかしいという指摘があった」と発言すると、他からも「そうだ」と同調の声が上がったという。吉野家もいい迷惑なのだが、この調子だと、特別メニュー撤回も近そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る