女性の積極登用が進まない教育現場

公開日: 更新日:

 女性の活用は安倍政権が掲げる看板政策のひとつらしい。骨太の方針や成長戦略でも、「女性が輝く日本」は前面に押し出されている。先日発表された9省庁の幹部人事でも4人の女性局長が誕生。法務省や経済産業省では初めての登用となった。官邸主導の人事で、女性の活用をアピールしたようだ。

 議会では自民党議員の女性蔑視が問題になっている。女性議員に結婚や出産を迫るヤジは日常茶飯事とか。安倍首相の狙いは、必ずしも党内に理解されているわけではないらしい。せっかく政府が慣例を打ち破っても、推進すべき議員のアタマが古ければ、浸透するのは難しいだろう。

 女性の登用が進んでいないのは、学校の分野も同じだ。34カ国・地域を対象に、中学校レベルの教員の勤務環境を調べた経済協力開発機構(OECD)の調査では、日本の女性教員の割合は39・0%で、平均(68・1%)を大きく下回ったそうだ。調査した中で最下位となっている。女性校長の割合も6・0%で最も低かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る