女性の積極登用が進まない教育現場

公開日:  更新日:

 女性の活用は安倍政権が掲げる看板政策のひとつらしい。骨太の方針や成長戦略でも、「女性が輝く日本」は前面に押し出されている。先日発表された9省庁の幹部人事でも4人の女性局長が誕生。法務省や経済産業省では初めての登用となった。官邸主導の人事で、女性の活用をアピールしたようだ。

 議会では自民党議員の女性蔑視が問題になっている。女性議員に結婚や出産を迫るヤジは日常茶飯事とか。安倍首相の狙いは、必ずしも党内に理解されているわけではないらしい。せっかく政府が慣例を打ち破っても、推進すべき議員のアタマが古ければ、浸透するのは難しいだろう。

 女性の登用が進んでいないのは、学校の分野も同じだ。34カ国・地域を対象に、中学校レベルの教員の勤務環境を調べた経済協力開発機構(OECD)の調査では、日本の女性教員の割合は39・0%で、平均(68・1%)を大きく下回ったそうだ。調査した中で最下位となっている。女性校長の割合も6・0%で最も低かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る