女性の積極登用が進まない教育現場

公開日: 更新日:

 女性の活用は安倍政権が掲げる看板政策のひとつらしい。骨太の方針や成長戦略でも、「女性が輝く日本」は前面に押し出されている。先日発表された9省庁の幹部人事でも4人の女性局長が誕生。法務省や経済産業省では初めての登用となった。官邸主導の人事で、女性の活用をアピールしたようだ。

 議会では自民党議員の女性蔑視が問題になっている。女性議員に結婚や出産を迫るヤジは日常茶飯事とか。安倍首相の狙いは、必ずしも党内に理解されているわけではないらしい。せっかく政府が慣例を打ち破っても、推進すべき議員のアタマが古ければ、浸透するのは難しいだろう。

 女性の登用が進んでいないのは、学校の分野も同じだ。34カ国・地域を対象に、中学校レベルの教員の勤務環境を調べた経済協力開発機構(OECD)の調査では、日本の女性教員の割合は39・0%で、平均(68・1%)を大きく下回ったそうだ。調査した中で最下位となっている。女性校長の割合も6・0%で最も低かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る