日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

地方衰退を加速するバラマキと企業の農業

 全国の空き家の数と割合が過去最高になったそうだ。総務省の調査によると、全国6063万戸のうち820万戸が使われていないとされる。空き家率は13・5%。一極集中が叫ばれる東京でも、10軒に1軒以上は、だれも住んでいないらしい。

 実家の寺がある広島県の山あいでも、数年前から無人の家屋が目立つようになった。5軒のうち3軒はカラッポという感じである。進学や就職で子供が都会に出てしまった後で年老いた両親が亡くなったり、都会で子供と一緒に住むようになったりして、使われなくなるケースが多いようだ。

 一方、都会でも、トシを取って手入れが楽なマンションに転居したため、以前の住まいはほったらかしというケースが増えているのだろう。それでも人口が増えているときなら、買いたいとか住みたいという人もいるのだろうが、最近はニーズがない。空き家増加は、少子高齢化の代表的な現象といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事