「大幅改造」の期待外れ…入閣待望組50人超が“反安倍”に回る

公開日: 更新日:

 各派閥のバランスを考慮した改造人事は、古い自民党に先祖返りした感があるが、石原伸晃前環境相(57)がはずれ、完全に干されたのが石原派だ。閣僚だけでなく党役員にも誰ひとり入らなかった。

「石原氏が来年の総裁選に出てくることはないから、気を使うこともないし、潰す必要もない。もう安倍首相の眼中にないということです。そういうところはドライですね」(政治評論家・有馬晴海氏)

 石破グループからも本人以外に登用はなかった。

 今回の内閣改造で党内の“不満分子”“反安倍勢力”が一気に膨れ上がったのは間違いない。衆院5期、参院3期で“大臣適齢期”とされる入閣待望組は衆参合わせて約60人いたが、待望組からの初入閣はわずか6人。結果、50人以上が不満をため込んでいる。安倍首相が当初、「大幅改造」とブチ上げて期待を高めた分、落胆も底なしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る