日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石原環境相 「五輪熱中症対策」の見え透いたパフォーマンス

 連日の猛暑続きで焦ったのか、環境省がようやく腰を上げた。6年後の東京五輪における熱中症対策のことだ。

 ただし、石原伸晃環境大臣(57)が6日、何枚ものパネルを使って「日本の技術を世界に向かって発信したい」と意気揚々に語った環境省の取り組みはといえば、霧状の水が自動的に噴き出る装置をマラソンコースに取り付けるとか、雨水を空気中に蒸発させて温度を下げる特殊な舗装道を敷くとか、「何を今さら?」な策ばかり。観客には会場の温度や湿度をITで知らせ、熱中症回避を呼びかけるというが、これだって目新しさゼロだ。最先端技術が応用されるわけじゃない。

 しかもこれらは、環境省が率先して実行するわけではなく、東京都や組織委員会に“提示”するだけというから恐れ入る。

■内閣改造のタイミング

「もうほとんど、石原環境相のパフォーマンスですね」と呆れるのは、政治評論家の有馬晴海氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事