石原環境相 「五輪熱中症対策」の見え透いたパフォーマンス

公開日:  更新日:

 連日の猛暑続きで焦ったのか、環境省がようやく腰を上げた。6年後の東京五輪における熱中症対策のことだ。

 ただし、石原伸晃環境大臣(57)が6日、何枚ものパネルを使って「日本の技術を世界に向かって発信したい」と意気揚々に語った環境省の取り組みはといえば、霧状の水が自動的に噴き出る装置をマラソンコースに取り付けるとか、雨水を空気中に蒸発させて温度を下げる特殊な舗装道を敷くとか、「何を今さら?」な策ばかり。観客には会場の温度や湿度をITで知らせ、熱中症回避を呼びかけるというが、これだって目新しさゼロだ。最先端技術が応用されるわけじゃない。

 しかもこれらは、環境省が率先して実行するわけではなく、東京都や組織委員会に“提示”するだけというから恐れ入る。

■内閣改造のタイミング

「もうほとんど、石原環境相のパフォーマンスですね」と呆れるのは、政治評論家の有馬晴海氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る