“石破潰し”失敗…安倍首相の思惑狂わせた「3つの誤算」

公開日:  更新日:

 9月3日の組閣人事を利用して石破幹事長を叩き潰そうと画策していた安倍首相。しかし、結局“石破潰し”は不発に終わりそうだ。思惑が狂った首相は内心、苦虫を噛み潰しているに違いない。

■昼食会談で「地方創生相」を打診か

 29日昼12時から総理官邸で行われた安倍首相と石破幹事長との昼食会談は延々1時間20分にも及んだ。この席で安倍首相は入閣を要請、石破幹事長は「組織人としてトップの決定に従う」と矛を収めたとされる。具体的なポストは明らかになっていないが、安倍首相は「地方創生相」での入閣を打診したとみられている。一見、石破幹事長が折れたようにも見えるが、よくよく見ると、官邸側にも誤算は数多くある。手打ちの席を用意したのは官邸だし、官邸周辺は「計算が狂った」と漏らしている。

「安倍首相はライバルの石破茂氏を来年秋の総裁選に出馬させないために、“安保担当相”に就け、閣内に封じ込めるつもりでした。安保担当相は矢面に立つポスト。傷を負うのは確実。そのうえで、もし安保担当相を受けなければ“無役”にすると恫喝した。“安保相”か“無役”か、二者択一を迫った。当然、石破氏は安保担当相を受けると思ったが、頑として受けない。これが誤算の初めです」(自民党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る