三井物産もホンダも…社長人事「成功する抜擢、しない抜擢」

公開日: 更新日:

 三井物産、富士通、ホンダ……。取締役を経験しないまま、上司を飛び越えて社長に就く“抜擢人事”が相次いでいる。

 4月1日付で三井物産の社長に就任する安永竜夫執行役員(54)は「32人抜き」。富士通の田中達也執行役員(58)と、デンソーの有馬浩二専務(57)は「14人抜き」で就任。ホンダの八郷隆弘常務執行役員(55)は、取締役「9人」を抜いて社長に就く予定だ。

 なぜ、大手企業で抜擢人事が続出しているのか。

「多くの企業は、2020年の東京五輪までは好景気がつづくが、その後は一気に低迷すると見ています。企業にとっては、あと5年が勝負になる。2020年以降も生き残るためには、好景気の間に稼げるだけ稼ぎ、5年後にはM&Aや海外企業の買収などに打って出られるだけの体力をつけるしかない。つまりデフレ時代は“守り”の経営が必要でしたが、この先5年間は“攻め”の経営が求められる。これまでとは違う人材が求められ、抜擢人事が相次いでいるのでしょう」(月刊BOSS編集長・関慎夫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る