• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

靖国爆発で再認識 防ぎようのない“日本人によるテロ”の恐怖

 新嘗祭が行われていた靖国神社で発生した23日の爆破事件。境内には七五三のため大勢の家族連れが訪れていた。パリのテロ事件後、警視庁はテロを警戒してきたが、あっさり警備の隙を突かれた格好だ。

 警視庁の幹部は「警察官が無限にいるわけではなく、どうしても防ぎきれない部分がある」と弱音を漏らしている。すでに日本は「イスラム国」から、〈すべての日本国民が戦闘員の標的になった〉と宣告されている。はたして日本でのテロを防げるのか。

 警察関係者は「日本人によるテロ」を警戒しているという。

「海外から日本に入ってくるテロリストは、入管で食い止めることが可能です。怖いのは、すでに国内に居住しているイスラム過激派と、ネットを通じてイスラム過激派の思想に共鳴してしまう日本人によるテロです。イスラム国に参加しようとした北大生もいた。過去には多くの日本人がオウム真理教を信奉している。日本人にやられたら防ぎようがありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る