JAL厳戒態勢…日本の旅客機と新幹線が「テロの標的」になる

公開日:  更新日:

 18日も激しい銃撃戦が繰り広げられ、テロから5日経った今もフランスは緊張に包まれている。こうなると不安なのが日本だ。イスラム国は機関誌「ダビク」で「安倍晋三の愚かさにより、すべての日本国民が戦闘員の標的となった」と宣言しているからだ。狙われるとしたら、どこが危険なのか。

 パリでは劇場などの“ソフトターゲット”が標的となった。テロリストはダメージを与えられるなら標的はどこでもいい。警備が手薄な場所を狙ってくるのは間違いない。

 先月末、エジプトで発生したロシア機墜落もやっぱりテロだった。「イスラム国」の関与が指摘されている。空港職員が機内に爆弾を持ち込んだという。日本の旅客機が狙われる可能性も高い。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏が言う。

「テロリストが日本に向かう飛行機をターゲットにすることは十分考えられます。厳しい入国審査をすり抜けて日本でテロを実行するより、現地の方が容易だからです。日本の航空会社は利用者の手荷物はもちろん、貨物室に収容するトランクの中まで厳しくチェックしていますが、国外の空港では同じようにはいかないでしょう。ロシア機のテロは、エジプトの空港職員の関与が疑われています。中東や東南アジアなどの貧しい国々では、貧困層が空港関係者として働いていることもある。日本に向かう便の空港関係者が何者かに買収され、爆発物の搬入に協力することはあると思います。積極的に関与しなくても“トランクの中身に気が付かなかった”と見て見ぬふりをすることは可能でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る