英国「テロ危険度マップ」も話題 年末年始に行くと危ない国は

公開日:  更新日:

 世界中がピリピリしてきた。

 過激派組織「イスラム国」は19日、アメリカのニューヨーク・タイムズスクエアでのテロ攻撃を示唆した内容の動画を公表。NY市警は警戒を強めているが、標的にされているのは世界中同じだ。そんな中、パリ同時多発テロを受けてイギリス外務省が発表した、世界各国の「テロ危険度予測」を表したマップが話題になっている。

 テレグラフ紙の報道によると、危険度が高いエリアほど濃く色づけされている。イギリス、フランス、トルコをはじめヨーロッパは全土が濃く塗られている。アジアではミャンマー、タイ、中国、マレーシアなどの危険度が高いと評価されている。

 パリの犯行グループは少なくとも18人の関与が疑われており、いまだ逃走を続けているメンバーもいるとみられる。年末年始に海外旅行を検討している人にとっては気が気ではないが、実際どこが危ないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る