英国「テロ危険度マップ」も話題 年末年始に行くと危ない国は

公開日:  更新日:

 世界中がピリピリしてきた。

 過激派組織「イスラム国」は19日、アメリカのニューヨーク・タイムズスクエアでのテロ攻撃を示唆した内容の動画を公表。NY市警は警戒を強めているが、標的にされているのは世界中同じだ。そんな中、パリ同時多発テロを受けてイギリス外務省が発表した、世界各国の「テロ危険度予測」を表したマップが話題になっている。

 テレグラフ紙の報道によると、危険度が高いエリアほど濃く色づけされている。イギリス、フランス、トルコをはじめヨーロッパは全土が濃く塗られている。アジアではミャンマー、タイ、中国、マレーシアなどの危険度が高いと評価されている。

 パリの犯行グループは少なくとも18人の関与が疑われており、いまだ逃走を続けているメンバーもいるとみられる。年末年始に海外旅行を検討している人にとっては気が気ではないが、実際どこが危ないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る