• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

英国「テロ危険度マップ」も話題 年末年始に行くと危ない国は

 世界中がピリピリしてきた。

 過激派組織「イスラム国」は19日、アメリカのニューヨーク・タイムズスクエアでのテロ攻撃を示唆した内容の動画を公表。NY市警は警戒を強めているが、標的にされているのは世界中同じだ。そんな中、パリ同時多発テロを受けてイギリス外務省が発表した、世界各国の「テロ危険度予測」を表したマップが話題になっている。

 テレグラフ紙の報道によると、危険度が高いエリアほど濃く色づけされている。イギリス、フランス、トルコをはじめヨーロッパは全土が濃く塗られている。アジアではミャンマー、タイ、中国、マレーシアなどの危険度が高いと評価されている。

 パリの犯行グループは少なくとも18人の関与が疑われており、いまだ逃走を続けているメンバーもいるとみられる。年末年始に海外旅行を検討している人にとっては気が気ではないが、実際どこが危ないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る