• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10代に「初体験」呼びかける 和歌山で“意味深”な選挙啓発

「初体験は、18の夏がいい。」――。こんなコピーを盛り込んだ和歌山県のポスターが注目を集めている。エッチ体験を助長しているわけではない。10代の新選挙民に参院選の投票を呼びかけているのだ。

 このプロジェクトを手がけたのは今年4月に発足した市民グループ「和歌山リア10プロジェクト」。ポスターとはいえ印刷物ではなく、HPに掲載された画像がダウンロード・拡散されることで投票への啓発になることを狙ったものだ。

 代表者の小幡和輝氏(21)は和歌山大3年生。30代のプロのコピーライター2人に37本のコピーを書いてもらい、女性デザイナーにデザインを依頼した。「みかんの収穫量に続いて、10代投票率も日本一にしよう。」「7月10日に、大人の階段をのぼろう。」といったノーマルなものから「10代のうちに初体験しよう。」「選挙童貞を卒業しよう。」などドキッとするコピーまで全37種類だ。小幡氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

もっと見る