10代に「初体験」呼びかける 和歌山で“意味深”な選挙啓発

公開日: 更新日:

「初体験は、18の夏がいい。」――。こんなコピーを盛り込んだ和歌山県のポスターが注目を集めている。エッチ体験を助長しているわけではない。10代の新選挙民に参院選の投票を呼びかけているのだ。

 このプロジェクトを手がけたのは今年4月に発足した市民グループ「和歌山リア10プロジェクト」。ポスターとはいえ印刷物ではなく、HPに掲載された画像がダウンロード・拡散されることで投票への啓発になることを狙ったものだ。

 代表者の小幡和輝氏(21)は和歌山大3年生。30代のプロのコピーライター2人に37本のコピーを書いてもらい、女性デザイナーにデザインを依頼した。「みかんの収穫量に続いて、10代投票率も日本一にしよう。」「7月10日に、大人の階段をのぼろう。」といったノーマルなものから「10代のうちに初体験しよう。」「選挙童貞を卒業しよう。」などドキッとするコピーまで全37種類だ。小幡氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る