英断に喝采 ローマ初の女性市長が五輪招致を“取り下げ”

公開日:  更新日:

 今年6月、ローマ初の女性市長となったビルジニア・ラッジ氏(38)の英断にローマ市民から拍手喝采が起きている。イタリアは2024年夏の五輪招致を目指してきたが、今月21日、招致反対の立場を鮮明にした。ラッジ氏は会見で、五輪開催には税金が使われ「市民や国民の借金を増やすことになる」と指摘。

「スポーツを市内に大量のセメントを流し込む理由にしたくない」と説明した。ローマは近く正式に立候補を取り下げる見通し。

 ローマ在住のフリーライター・田島麻美氏が言う。

「市民は賛成、反対で真っ二つに分かれましたが、私の周りは軒並み『反対』でした。ラッジ市長が説明するように、『1960年のローマ五輪の借金がまだ残っているのに、これ以上借金を重ねてどうするんだ!』というのが一番の理由です。ほかには『交通渋滞も激しく、ただでさえ混乱している街に、これ以上混乱の種を持ち込まれるのはまっぴら』という意見、『五輪で建設される施設は市民の生活と無縁のものばかり。それなのにまた税金が上がるなんて許せない』といった声が聞こえました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る