日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

大国は責任を放棄 米中ロ連携時代は等距離外交に舵を切れ

 世界が非常に大きく変わりつつある。冷戦時代はとうに終焉し、グローバル時代の枠組みも崩れる寸前だ。イギリスのEU離脱にアメリカのトランプ大統領誕生と昨年来、世界に反グローバルの嵐が吹き荒れる中、「分断と抗争」の時代の行き着く先が、おぼろげながら見えてきた。

 その姿とは、米国・中国・ロシアの大国同士による緩やかな連携である。

 かつては「大国としての責任」という言葉が重んじられてきたが、現在の3大国には通用しない。むしろ「他の国はどうぞ、ご勝手に」という態度で、同盟国の面倒すら見る気もないようだ。

 特に朝鮮半島は南も北もバタバタしているが、先の3カ国はほぼ放任状態である。トランプ大統領は就任1カ月が過ぎても、「日本も韓国も自前で核兵器を持て」という基本姿勢を崩してないように思える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事