けなげな女アピールも “ゲス夫”のせいで金子恵美氏は完敗

公開日:

 夫の醜聞も響き、新潟4区の金子恵美氏(39=自民)は宿敵の菊田真紀子氏(47=無所属)に2万5000票差で完敗した。

 昨年の“ゲス不倫”報道で議員辞職した夫の宮崎謙介氏(36)は「運転手をしたり、移動中の食べ物を用意するなど、事務所スタッフとして裏方に徹していた」(関係者)という。

 もちろん、票に影響する恐れがあるからで、それほど金子陣営は神経質になっていた。

「金子氏は菊田氏に2連勝していたとはいえ、前回は3000票差。比例復活に甘んじてきた菊田氏は今回、民進の分裂で無所属を選び、野党の統一候補に。独自候補を取り下げた共産票の上積みで、菊田氏の逆転が濃厚とみられていました」(県議)

 首相の安倍晋三氏をはじめ、幹事長の二階俊博氏、元衆院議長の伊吹文明氏、参院議員の中曽根弘文氏、総務相の野田聖子氏と“大物”が続々と金子氏の応援に駆けつけたのも、そのせいだ。

 野田氏は宮崎氏のスキャンダルを逆手に取り、「金子さんほど苦労した女はいない」と訴え、当の金子氏も「1歳8カ月の子どもを育てている」と、けなげな女をアピールしたが、「負けたら死んでも死にきれない」と背水の陣を敷いた菊田氏に苦杯をなめさせられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る