けなげな女アピールも “ゲス夫”のせいで金子恵美氏は完敗

公開日: 更新日:

 夫の醜聞も響き、新潟4区の金子恵美氏(39=自民)は宿敵の菊田真紀子氏(47=無所属)に2万5000票差で完敗した。

 昨年の“ゲス不倫”報道で議員辞職した夫の宮崎謙介氏(36)は「運転手をしたり、移動中の食べ物を用意するなど、事務所スタッフとして裏方に徹していた」(関係者)という。

 もちろん、票に影響する恐れがあるからで、それほど金子陣営は神経質になっていた。

「金子氏は菊田氏に2連勝していたとはいえ、前回は3000票差。比例復活に甘んじてきた菊田氏は今回、民進の分裂で無所属を選び、野党の統一候補に。独自候補を取り下げた共産票の上積みで、菊田氏の逆転が濃厚とみられていました」(県議)

 首相の安倍晋三氏をはじめ、幹事長の二階俊博氏、元衆院議長の伊吹文明氏、参院議員の中曽根弘文氏、総務相の野田聖子氏と“大物”が続々と金子氏の応援に駆けつけたのも、そのせいだ。

 野田氏は宮崎氏のスキャンダルを逆手に取り、「金子さんほど苦労した女はいない」と訴え、当の金子氏も「1歳8カ月の子どもを育てている」と、けなげな女をアピールしたが、「負けたら死んでも死にきれない」と背水の陣を敷いた菊田氏に苦杯をなめさせられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る