けなげな女アピールも “ゲス夫”のせいで金子恵美氏は完敗

公開日:

 夫の醜聞も響き、新潟4区の金子恵美氏(39=自民)は宿敵の菊田真紀子氏(47=無所属)に2万5000票差で完敗した。

 昨年の“ゲス不倫”報道で議員辞職した夫の宮崎謙介氏(36)は「運転手をしたり、移動中の食べ物を用意するなど、事務所スタッフとして裏方に徹していた」(関係者)という。

 もちろん、票に影響する恐れがあるからで、それほど金子陣営は神経質になっていた。

「金子氏は菊田氏に2連勝していたとはいえ、前回は3000票差。比例復活に甘んじてきた菊田氏は今回、民進の分裂で無所属を選び、野党の統一候補に。独自候補を取り下げた共産票の上積みで、菊田氏の逆転が濃厚とみられていました」(県議)

 首相の安倍晋三氏をはじめ、幹事長の二階俊博氏、元衆院議長の伊吹文明氏、参院議員の中曽根弘文氏、総務相の野田聖子氏と“大物”が続々と金子氏の応援に駆けつけたのも、そのせいだ。

 野田氏は宮崎氏のスキャンダルを逆手に取り、「金子さんほど苦労した女はいない」と訴え、当の金子氏も「1歳8カ月の子どもを育てている」と、けなげな女をアピールしたが、「負けたら死んでも死にきれない」と背水の陣を敷いた菊田氏に苦杯をなめさせられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る