830票で疑惑に打ち勝つ 山尾志桜里氏はドブ板選挙が奏功

公開日:

「不倫を謝れ」と有権者から詰め寄られることもあったが、最後まで「不倫していないので、ごめんなさいは言えない」で押し切った。

 9歳年下のイケメン弁護士と“ダブル不倫”疑惑のせいで、民進で初の女性幹事長起用も見送られ、離党、無所属と厳しい戦いになった愛知7区の山尾志桜里氏(43=無所属)が、ナント830票差で大接戦を制した。

 山尾氏も「逆転の1票を投じていただいた有権者に感謝したい」と満面の笑み。

「序盤では握手を拒否されることも。事前の情勢調査では、前回比例復活の鈴木淳司氏(59=自民)がやや優勢とみられていましたが、めげずにドブ板に徹した。街頭演説でも不倫騒動には一切触れず。『総理の天敵』を自称し、『私をもう一度総理に立ち向かわせてほしい』と訴え続けた。毅然とした態度で臨んだことで、次第に主婦の支持が戻ったようです」(地元マスコミ関係者)

 当選後の事務所には、不倫疑惑を報じた週刊文春の記者の姿も。結婚指輪を外していることを質問されたが、「答える必要がないと思う」と突っぱねた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る