北ミサイル輸出発覚も…トランプは3.18まで身動き取れず

公開日:

 これはレッドラインになるのか――。北朝鮮の“ミサイル輸出”を仲介しようとしたシドニー在住の男が、オーストラリア警察に逮捕された。逮捕されたのは韓国出身でオーストラリアに帰化したチャン・ハン・チェ容疑者(59)。逮捕容疑は、大量破壊兵器禁止法違反だ。成功していれば、数十億円が北朝鮮へ送金されていた可能性があるという。どこに輸出しようとしたかは、まだ明らかになっていない。

 経済制裁に苦しむ北朝鮮が、外貨を稼ごうとしたのは間違いない。ヤバイのは、いずれ“核兵器”の売却に手を染めてもおかしくないことだ。アメリカは、核の拡散を絶対に許さない。テロリストの手に渡ったら最悪だからだ。ミサイル輸出が発覚したことで、トランプ大統領が武力攻撃に踏み切る可能性はあるのか。

 元外交官の天木直人氏がこう言う。

「ミサイルの輸出がレッドラインになるかどうかは、どこに売ろうとしたかによります。もし、アメリカと敵対し、テロリストの後ろ盾とみられているイランやヒズボラが売却先だったらレッドラインになりかねない。逆にアメリカと利害のないアフリカの独裁国などが売却先ならレッドラインにならないでしょう」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る