• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北ミサイル輸出発覚も…トランプは3.18まで身動き取れず

 これはレッドラインになるのか――。北朝鮮の“ミサイル輸出”を仲介しようとしたシドニー在住の男が、オーストラリア警察に逮捕された。逮捕されたのは韓国出身でオーストラリアに帰化したチャン・ハン・チェ容疑者(59)。逮捕容疑は、大量破壊兵器禁止法違反だ。成功していれば、数十億円が北朝鮮へ送金されていた可能性があるという。どこに輸出しようとしたかは、まだ明らかになっていない。

 経済制裁に苦しむ北朝鮮が、外貨を稼ごうとしたのは間違いない。ヤバイのは、いずれ“核兵器”の売却に手を染めてもおかしくないことだ。アメリカは、核の拡散を絶対に許さない。テロリストの手に渡ったら最悪だからだ。ミサイル輸出が発覚したことで、トランプ大統領が武力攻撃に踏み切る可能性はあるのか。

 元外交官の天木直人氏がこう言う。

「ミサイルの輸出がレッドラインになるかどうかは、どこに売ろうとしたかによります。もし、アメリカと敵対し、テロリストの後ろ盾とみられているイランやヒズボラが売却先だったらレッドラインになりかねない。逆にアメリカと利害のないアフリカの独裁国などが売却先ならレッドラインにならないでしょう」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る