サウジ記者殺害事件 米制裁発動で皇太子関与の疑念高まる

公開日:

 米財務省は15日、サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏殺害事件を巡り、サウジ政府高官ら17人に対する制裁を発表した。今後、米国内の資産が凍結され、米国人との取引が禁止されるという。

 制裁対象者には、ムハンマド皇太子の側近やイスタンブール総領事らが含まれており、皇太子の関与への疑念が高まりそうだ。ムニューシン米財務長官は声明で、「サウジ政府は、反体制派や記者を標的にすることを中止するために適切な措置を取らねばならない」と警告した。

 サウジの検察当局は、皇太子の関与を否定する一方、殺害の命令や実行に関わったとして、訴追した容疑者11人のうち5人に死刑を求刑したと明らかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る