相次ぐ失言に…自民が“防止マニュアル”作成配布していた

公開日: 更新日:

 議員のおそまつな失言が相次ぐ自民党。なんと“失言防止マニュアル”を作成し、党内に配布していたことが分かり、失笑を買っている。15日の毎日新聞が報じた。

「『失言』や『誤解』を防ぐには」と題されたマニュアルは、自民党遊説局が2、3月に開いた研修会の要旨をまとめたもの。

 具体的には「発言は『切り取られる』ことを意識する」ことを指摘。「句点(。)を意識して短い文章を重ねることで、余計な表現も減る」などと指導している。

 また「タイトルに使われやすい『強めのワード』に注意」することを強調。歴史認識や政治信条に関する個人的見解、ジェンダー、LGBTについての個人的見解など、注意すべき具体的テーマを5パターン列挙した。

 締めくくりでは「『弱者』や『被害者』に触れる際は一層の配慮を」とし、「表現に『ブレーキ』をかけるようにしましょう」と注意を呼び掛けている。

 小手先の防止対策より、頭の中身を変えるほうが先だという声も……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る