堀田佳男
著者のコラム一覧
堀田佳男ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明 」など。

トランプ流には根強い支持も “再選失敗者”4人目となるのか

公開日: 更新日:

 6月初旬、米首都ワシントンでの取材最終日。政界だけでなく金融界からも話を聞くため、金融大手メリルリンチのアナリストと会った。ジャスティン・アンダーソン氏はトランプ政権になってから、金融市場に起きた変化を口にした。

「私たちの仕事は企業の将来性を調査して投資することです。でも今、トランプによって金融界は変わってしまいました。たった1人の発信するツイートで市場が動いてしまうのです」

 将来を見据えた中・長期的な思惑がツイートの背後にあることはまれで、トランプのフッとした思いつきによって世界が揺り動かされてしまう。それは「トランピズム(トランプ主義)」と呼ばれもするが、主義といえるほど確立した概念というわけではない。むしろ表層的な「トランプ流」といったものだ。政治評論家エジャ・ティマクラン氏が説明する。

「前回の大統領選で、トランプは確実に一定層の有権者の心に火をつけました。発火させたと言っていい。それは既成の政治に不満を持つ市民を動かしたということです。だからトランプ政権が誕生した後もずっと、地方都市の街角にはトランプの選挙ポスターがはがされずに残っていたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る