堀田佳男
著者のコラム一覧
堀田佳男ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明 」など。

過去“百発百中”の教授が予測「弾劾なければトランプ再選」

公開日: 更新日:

 2020年米大統領選では誰が勝つのか――。

 当選者を予測することが米国では長年行われている。主観的に「予想」するのではなく、政治学者がいくつもの指標を使って学究的に「予測」するのだ。

 複数の研究者が独自の当選予測モデルを開発しており、選挙前に発表している。外れることもあるが、1984年以来、すべての大統領選で勝者を言い当てている研究者がいる。首都ワシントンにあるアメリカン大学で米政治史を教えるアラン・リッチマン教授だ。なぜ予測が当たるのか。

 同教授は米政治史の中でも大統領選が専門で、1860年以降の全選挙を分析して指標を抽出し、数値化して勝者を割り出している。前回の選挙でも、他のほとんどの予測モデルがヒラリー・クリントンを勝者とした中で、同教授はトランプ勝利を言い当てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る