堀田佳男
著者のコラム一覧
堀田佳男ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明 」など。

過去“百発百中”の教授が予測「弾劾なければトランプ再選」

公開日: 更新日:

 2020年米大統領選では誰が勝つのか――。

 当選者を予測することが米国では長年行われている。主観的に「予想」するのではなく、政治学者がいくつもの指標を使って学究的に「予測」するのだ。

 複数の研究者が独自の当選予測モデルを開発しており、選挙前に発表している。外れることもあるが、1984年以来、すべての大統領選で勝者を言い当てている研究者がいる。首都ワシントンにあるアメリカン大学で米政治史を教えるアラン・リッチマン教授だ。なぜ予測が当たるのか。

 同教授は米政治史の中でも大統領選が専門で、1860年以降の全選挙を分析して指標を抽出し、数値化して勝者を割り出している。前回の選挙でも、他のほとんどの予測モデルがヒラリー・クリントンを勝者とした中で、同教授はトランプ勝利を言い当てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る