受験生に実害 TOEICがポンコツ英語民間試験から離脱の衝撃

公開日: 更新日:

 センター試験に代わって2020年度から始まる大学入学共通テストの英語民間試験。TOEICを運営する「国際ビジネスコミュニケーション協会」は2日、参加を取り下げることを発表した。

 英語民間試験は制度上の欠陥が多く、公正性・公平性が確保されていないことから、高校生や保護者、学校関係者に不安が広がっている。実施団体まで離脱するに至り、大きな衝撃が走っている。これで実施団体は6つになった。

「運営など当初予定していたものよりかなり複雑になることが分かった。来年4月実施を考えるともうリミット。このタイミングでの発表になった」(同協会広報)と説明した。「運営が大変なのは他の団体も同じ。できれば降りたいと漏らす団体関係者もいるが、文科省の手前、降りられない」(大学関係者)という。

 柴山昌彦文科相は2日の会見で「今後、受験生が不利益を被ることのないようにしたい」と語ったが、TOEICで準備してきた受験生には実害が生じている。先月、英語民間試験の利用中止を求める国会請願を行った京都工芸繊維大の羽藤由美教授が憤る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)