天下り斡旋問題で辞任の元文科省局長がコッソリ“再天下り”

公開日: 更新日:

 ほとぼりが冷めたと思っているなら大間違いだ――。文科省の天下り斡旋問題を巡り、2017年1月、早大教授を辞任した文科省の吉田大輔元高等教育局長のことである。

 当時、文科省在職中に天下り斡旋を受けて求職活動していたことが問題視され、早大教授を辞したのだが、ナント、今度は福岡大の東京事務所長に先月からコッソリ再就職していたのだ。事情を知る同大関係者がこう明かす。

「そもそも天下り問題が発覚した当時、内閣府の再就職等監視委員会は、在職中に就職斡旋を受けた吉田氏の行為が国家公務員法に違反すると認定しました。(福岡大の)教授会や評議会は、違法行為をした吉田氏を東京事務所の新所長に据える案に反対していたのですが、大学執行部が強行。吉田氏が副学長と高校の同級生だったための『情実人事』だとみられています」

 熊本県出身の吉田氏は1979年、京大法学部卒業後、旧文部省に入省。文化庁次長や文科省研究振興局長などを経て、2014年に高等教育局長に就任し、翌15年8月に同省を退職。年収1400万円の好待遇で早大教授に迎えられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る