天下り斡旋問題で辞任の元文科省局長がコッソリ“再天下り”

公開日: 更新日:

 ほとぼりが冷めたと思っているなら大間違いだ――。文科省の天下り斡旋問題を巡り、2017年1月、早大教授を辞任した文科省の吉田大輔元高等教育局長のことである。

 当時、文科省在職中に天下り斡旋を受けて求職活動していたことが問題視され、早大教授を辞したのだが、ナント、今度は福岡大の東京事務所長に先月からコッソリ再就職していたのだ。事情を知る同大関係者がこう明かす。

「そもそも天下り問題が発覚した当時、内閣府の再就職等監視委員会は、在職中に就職斡旋を受けた吉田氏の行為が国家公務員法に違反すると認定しました。(福岡大の)教授会や評議会は、違法行為をした吉田氏を東京事務所の新所長に据える案に反対していたのですが、大学執行部が強行。吉田氏が副学長と高校の同級生だったための『情実人事』だとみられています」

 熊本県出身の吉田氏は1979年、京大法学部卒業後、旧文部省に入省。文化庁次長や文科省研究振興局長などを経て、2014年に高等教育局長に就任し、翌15年8月に同省を退職。年収1400万円の好待遇で早大教授に迎えられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る