れいわ躍進に野党3党ラブコール 立憲も方向転換で結集加速

公開日: 更新日:

 選挙協力が中途半端に終わったために、結局、32ある参院1人区は、野党陣営の“10勝22敗”に終わった。安倍自民党は、野党共闘が進まないように、“改憲論議”を利用して立憲民主と国民民主を“分断”するつもりだ。

 しかし、山本太郎代表が率いる「れいわ新選組」が参院選で躍進したことで、野党結集が一気に進む可能性が高まっている。自民党も「野党の大同団結が進みかねない」と警戒している。

 自民党議員を警戒させているのは、野党3党が一斉に「れいわ新選組」にラブコールを送っていることだ。立憲民主の枝野代表は「連携できればありがたい」と共闘を呼びかけ、国民民主の玉木代表(写真円内)も「率直に意見交換したい」と語り、共産の志位委員長も「協力していきたい」と発言している。

■「衆院選に100人規模の擁立目指す」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  7. 7

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る