孤立する“外交の安倍” プーチン大統領「竹島侵犯」の狙い

公開日: 更新日:

 ロシア軍機が島根県・竹島周辺で領空侵犯した問題が波紋を広げている。日本と韓国は元徴用工訴訟をめぐる対韓輸出規制発動で応酬を繰り広げる真っただ中だ。米国を中心とした同盟関係にある3カ国の分断をあおる目的との解説もあるが、プーチン大統領の狙いは一体何なのか。

 コトの経緯はこうだ。ロシア空軍と中国空軍は23日、日本海と東シナ海の上空で初の「合同長距離パトロール」を実施。防衛省によると、中国軍のH6爆撃機2機は23日午前、東シナ海から対馬海峡方面へ飛行し、日本の防空識別圏内に進入。その後、さらに北上し、日本海上空でロシア軍のTU95爆撃機2機、A50早期警戒管制機1機と合流した。このうちA50は竹島周辺の領空に2回侵入。竹島周辺でロシア軍機の領空侵犯は初めてだという。

 一方、韓国軍によると、ロシア機の1回目の領空侵犯に対し、韓国軍の戦闘機は信号弾を10発、機関銃を80発発射。2回目の領空侵犯にさらに信号弾を10発、機関銃を280発発射したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る