孤立する“外交の安倍” プーチン大統領「竹島侵犯」の狙い

公開日: 更新日:

 ロシア軍機が島根県・竹島周辺で領空侵犯した問題が波紋を広げている。日本と韓国は元徴用工訴訟をめぐる対韓輸出規制発動で応酬を繰り広げる真っただ中だ。米国を中心とした同盟関係にある3カ国の分断をあおる目的との解説もあるが、プーチン大統領の狙いは一体何なのか。

 コトの経緯はこうだ。ロシア空軍と中国空軍は23日、日本海と東シナ海の上空で初の「合同長距離パトロール」を実施。防衛省によると、中国軍のH6爆撃機2機は23日午前、東シナ海から対馬海峡方面へ飛行し、日本の防空識別圏内に進入。その後、さらに北上し、日本海上空でロシア軍のTU95爆撃機2機、A50早期警戒管制機1機と合流した。このうちA50は竹島周辺の領空に2回侵入。竹島周辺でロシア軍機の領空侵犯は初めてだという。

 一方、韓国軍によると、ロシア機の1回目の領空侵犯に対し、韓国軍の戦闘機は信号弾を10発、機関銃を80発発射。2回目の領空侵犯にさらに信号弾を10発、機関銃を280発発射したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る