相澤冬樹
著者のコラム一覧
相澤冬樹大阪日々新聞・元NHK記者

大阪日日新聞(新日本海新聞社)論説委員・記者。1962年宮崎県生まれ。東京大学法学部卒業。1987年NHKに記者職で入局。東京社会部、大阪府警キャップ・ニュースデスクなどを経て現職。著書『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋)がベストセラーとなった。

夫婦関係は継続? 検事の“余計なお世話”を裁判官が退けた

公開日: 更新日:

「話は変わりますが、被告人と真美被告人(諄子さんの本名)は現在も夫婦ですよね?」

 8月28日に続き、9月2日にも行われた森友学園籠池泰典前理事長への被告人質問で、三輪能尚検事が唐突に尋ねた。

「そうです」と答える籠池さん。すると、

三輪検事「これからも夫婦関係を続けていくつもりですか?」

 ぶぜんとした表情を浮かべる籠池さん「どうしてそんな質問されるんですか?」。

三輪検事「人間関係について質問しています。夫婦の間で現在、人間関係のトラブルはないということですか?」

 さすがに水谷恭史弁護士が立ち上がった。

「異議があります。関連性がありません」

 すると、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る