森友問題の公文書改ざん“実行犯” 海外栄転で口封じの波紋

公開日: 更新日:

 外務省が16日、森友学園を巡る決裁文書改ざんの“実行犯”だった財務省官房参事官の中村稔氏を駐英公使に充てる同日付の人事を発表。波紋を広げている。

 ネット上では<イギリスに失礼><改ざん公使>などの批判が噴出。立憲民主党蓮舫参院議員も自身のツイッターで<真夏のエイプリルフールか?>と驚きをあらわにしている。中村氏が改ざん問題に関する財務省の調査報告書の中で<中核的な役割を担っていた>と名指しされた人物だからだ。財務省が森友学園へ国有地を貸し付けた特例承認のハンコを押した張本人でもある。

 決裁文書の中で安倍首相の妻・昭恵夫人の「いい土地ですから前に進めてください」との発言が記述されていたため、国会でも大きく取り沙汰された。しかし、財務省の太田充理財局長(当時)は「当時の佐川局長も中村(稔)総務課長も決裁文書をきちんと認識しなくて見ていない」とシラ切り答弁に終始。中身を見ずに決裁したのかどうか――中村氏本人は公の場で何も語ることなく、イギリスへと栄転したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る