相澤冬樹
著者のコラム一覧
相澤冬樹大阪日々新聞・元NHK記者

大阪日日新聞(新日本海新聞社)論説委員・記者。1962年宮崎県生まれ。東京大学法学部卒業。1987年NHKに記者職で入局。東京社会部、大阪府警キャップ・ニュースデスクなどを経て現職。著書『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋)がベストセラーとなった。

法廷で火花 被告人質問は「公判検事と言うより特捜やね」

公開日: 更新日:

 法廷の籠池劇場がヤマ場を迎えた。森友学園の籠池泰典前理事長その人の被告人質問だ。相手は逮捕後の籠池さんを約40日間取り調べた元大阪地検特捜部の堀木博司検事。注目の直接対決に大阪地裁前には傍聴券を求める人々が列をなした。

 堀木検事は戦闘意欲満々に詰め寄る。

堀木検事「20億円の工事費を払うつもりはあったんですか?」

籠池さん「その数字はどこから出てきたんですか?」

堀木検事「素直に答えていただければ結構なんですよ」

 素直に質問に答えろ……まるで取り調べだ。

 補助金について、

堀木検事「適正にもらうつもりはありましたか?」

籠池さん「日本語的におかしいんじゃないですか?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る