立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。

あなたも覚える違和感 政治資金収支報告書のチェックを

公開日: 更新日:

 国会議員の政治と金の報告書が公開された。これは政治資金収支報告書(以下、報告書)と呼ばれるもので、政治家が持つ政治団体の金の出入りを記録したものだ。毎年11月に、前の年の1年間の資金の動きが公にされる。

 桜を見る会で追及が続くため、前夜祭で1人5000円の会費で都内の超高級ホテルで会食をしていた安倍総理の団体の報告書に注目が集まった。報告書にはこの件に関連する記載はない。後援会の担当者がお金を集めてホテルの領収書を渡したもので、後援会の収支と無関係という安倍総理の説明を裏付ける形となっているが、逆に報告書に記載していないからそう説明したとの指摘もある。

 この報告書をめぐっては、過去にも虚偽記載、記載漏れなど、さまざまな政治家の問題が明らかになっている。違反すれば政治資金規正法違反に問われ、過去には事件になったケースもある。しかし実際には、事件化はそう容易ではない。元特捜部主任検事として数々の事件を捜査してきた前田恒彦氏から、その理由を聞いたことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る