立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。毎日放送「よんチャンTV」、フジテレビ「めざまし8」出演中。

あなたも覚える違和感 政治資金収支報告書のチェックを

公開日: 更新日:

 国会議員の政治と金の報告書が公開された。これは政治資金収支報告書(以下、報告書)と呼ばれるもので、政治家が持つ政治団体の金の出入りを記録したものだ。毎年11月に、前の年の1年間の資金の動きが公にされる。

 桜を見る会で追及が続くため、前夜祭で1人5000円の会費で都内の超高級ホテルで会食をしていた安倍総理の団体の報告書に注目が集まった。報告書にはこの件に関連する記載はない。後援会の担当者がお金を集めてホテルの領収書を渡したもので、後援会の収支と無関係という安倍総理の説明を裏付ける形となっているが、逆に報告書に記載していないからそう説明したとの指摘もある。

 この報告書をめぐっては、過去にも虚偽記載、記載漏れなど、さまざまな政治家の問題が明らかになっている。違反すれば政治資金規正法違反に問われ、過去には事件になったケースもある。しかし実際には、事件化はそう容易ではない。元特捜部主任検事として数々の事件を捜査してきた前田恒彦氏から、その理由を聞いたことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

もっと見る