立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。フジテレビ「とくダネ!」、毎日放送「ちちんぷいぷい」出演中。

「決算の参院」としての存在感を示して 責任は極めて重い

公開日: 更新日:

 各省庁推薦は1万5000人のうち6000人……それ以外の9000人のうち、自民党関係者の推薦が6000人、首相から1000人、副総理、官房長、官房副長官から計1000人……。

 桜を見る会の審議は参議院の内閣委員会で続いている。この中で、重要な事実が次々に明らかになっている。安倍昭恵夫人の推薦枠の存在も明らかになった。

 国会が本来の機能を発揮している感じがする。これまでの野党は、ややもすると安倍総理に質問することに躍起になり、結果、事実の解明より、総理を非難する姿勢が強調されることが多かった。もちろん、それは質問に正面から答えない安倍総理の対応に問題があることは間違いない。しかし、安倍総理がそうした対応をとることは、予見される事態とも言える。それでも野党が安倍総理への質問にこだわるのは、国会で総理大臣を追及している姿が地元の有権者にうけるという側面があることは否定できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る