安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス対策をめぐり安倍首相が今月中の薬事承認に前のめりのアビガンに黄信号がともっている。動物実験で催奇形性が認められる副作用の強さから安全性が疑問視されている上、臨床研究で有効性の判断がつかないからだ。

 安倍首相のアビガンへの“思い入れ”はハンパじゃない。コロナ対応の首相会見7回のうち、5回も言及している。

「アビガンを含む3つの薬について、新型コロナウイルスに有効性があるかどうかを見極めるため、観察研究としての患者への投与を既にスタートしています」(2月29日)

「アビガンには海外の多くの国から関心が寄せられており、今後、希望する国々と協力しながら臨床研究を拡大するとともに、薬の増産をスタートします」(3月28日)

「アビガンの備蓄量を現在の3倍、200万人分まで拡大します」(4月7日)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る