日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

松山英樹の優勝は日本ツアーの将来につなげる好機

大会ドライビングディスタンスは301・25ヤードで1位(C)日刊ゲンダイ

 日本オープン、三井住友VISA太平洋マスターズと松山英樹が今季出場した日本ツアーは2戦2勝です。2試合で獲得賞金は8000万円になり、ランク5位と格の違いを見せつけました。

 国内大会の間には米ツアーのWGC-HSBCチャンピオンズ優勝、CIMBク…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事