マエケン球団新8連続K 東地区偏重でもサイヤング賞狙える

公開日: 更新日:

 ツインズ・前田健太(32)が好投を続けている。18日(日本時間19日)のブルワーズ戦は九回、先頭打者に安打を許してノーヒットノーランを逃したが、球団新記録の8者連続奪三振をマーク。強打のブルワーズ打線をねじ伏せた。

 新天地で迎えた今季は開幕から抜群の安定感で、ここまで5試合で計31回3分の2を投げて3勝0敗。防御率2・27はア・リーグの先発投手では6位、4度のクオリティースタート(QS=6回以上を自責点3以内)は同3位タイだ(18日終了時)。今や地区首位を走るチームの原動力になっている。

 ここまでリーグ6位の33奪三振をマークしており、力でねじ伏せるタイプの投手が受賞する傾向にあるサイ・ヤング賞取りも夢ではなさそうだ。

「エース級の働きで好調なチームの勝利に貢献しているだけに、活躍を続ければ前田はサイ・ヤング賞の最終候補3人に残るのではないか。今季のツインズはオドリッジが、背筋痛で離脱、べリオス(1勝3敗、防御率5・92)は不振にあえいでいる。エース格2人の穴を埋める働きは十分に評価されるでしょう」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る