日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「団塊の秋」堺屋太一著

■「団塊世代」が歩む2028年までのシミュレーション小説

 ベストセラーになった「団塊の世代」刊行から37年。当時20代後半だった団塊の世代は60代半ばになり、人生の秋にさしかかっている。さて、彼らは、そして日本社会はこれからどうなるのか。彼らが80代に突入する2028年までを予測した近未来シミュレーション小説。

 主な登場人物は男6人、女1人。1971年、大学卒業の春に、大金をはたいて「カナダ・アメリカ15日間の旅・学生割引」に参加したメンバーという設定だ。その後も付き合いが続き、数年に一度、会合が開かれて、それぞれの人生の紆余(うよ)曲折が語られる。

 弁護士から国会議員に転じ、2度の落選を経験してなお奮闘する石田。リタイア後、個人タクシーで月10万円を稼ぐ山中。夫婦揃って公務員、年金はたっぷりあるが息子も孫も寄りつかないのが悩みの春枝。会社倒産から立ち直り、家族で「電力畑」経営に乗り出した上杉。養護施設に入ったかつての厚生官僚、加藤。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事